読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねの音楽話

老人性古本症候群を患った若者の徘徊ブログ

最近のブログの書き方、他

この一つ前の記事を投稿するまでにかなり時間が空いてしまいましたが、

実は四月のあたまにちょっと遠出をしていました。

 

遠出をする前にすこし更新がとぎれることを通知したほうがよいかとも考えたのですが、

数日だし帰ってから急いでかけば無問題

と楽観していたのが、思ったよりかなりきつい旅程で、おおはずれ、帰ってからふとんを棺おけにして安らかに眠らねばならぬということを予想していませんでした。

 

それで帰ってきて、

ああ、これは更新までにしばらくかかるな

と気づいて、今度は更新までしばらくかかります記事(こんな感じの)を書こうとも考えたのですが、この一つ前の記事を完成させるのが先だとして、

結局このありさまなわけです。

続きを読む

飛行機が怖くて苦手な僕によるフライトレビュー

 

真中よりやや後ろの窓際の席に、重い鞄を上の棚へ載せてから座る。間もなくして隣の席に人が座った。この便は満員らしい。

 

落ち着いて窓の外を見ると、ちょうど翼が見えた。先端にいくにつれて細り、はしは反り返っている。数日見なかったのが嘘のように、雲の切れ間からすうと延びた日光が翼の中ほどにやわらかく当たって、いかにも春らしく暖かい。

 

続きを読む

やきもの市で安い茶碗を買った話

いくじつか晴れの日がつづいて、いよいよ春らしくなってきたと思ったけれど、街へ出かける日に限って雨がふる。

しとしととふる雨はまだ冷ややかな空気と相俟って、これから春がくるというのに冬に向かう秋の日のようだった。

続きを読む

モーツァルト作曲ピアノソナタ第16番 ハ長調 K.545を分析して聴く

このところモーツァルトばかり聴いていて、ピアノを弾くにもモーツァルトのソナタばかり弾いています。

第13番変ロ長調の第三楽章を自分勝手にしあげて、結構面白かったんで、ブログで紹介しようと思ったんですが、あまり知られていない曲ですから、いきなりこれをというのもどうか。

続きを読む

川端康成のノーベル賞受賞記念演説「美しい日本の私」を読む

前の記事『小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「怪談 Kwaidan」を読む』で、ハーンの「怪談」のことを書いた。

「怪談」は日本の風土や、日本人の心をよく表したものだが、もっと直接に日本人の心を表したものをつい最近読んだ。

川端康成の「美しい日本の私」である。

続きを読む