読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きつねの音楽話

老人性古本症候群を患った若者の徘徊ブログ

大人でも身につく。音楽をより楽しむための”音感”の鍛え方。

楽器演奏に音楽鑑賞に役立つ、”音感”について。 音感の意義と訓練法 大人になってからでも絶対音感はみにつくか。

昔医者はパフォーマーだった? 藪医者の歴史に学ぶこと

音楽史の中の医者 バッハとヘンデルを失明に追いやった伝説の藪医者ジョン・テイラーと時代背景。

バッハの組曲、無伴奏の源流を求める~バロック組曲の起源(またイギリス活躍)~

前回の記事でイギリスも音楽史にちゃんと貢献していたということを書きました。 音楽史はどうしてもクラシック(古典派)につながるように語られますから、イギリスの音楽はあまりでてきませんが、 細かくみていくとイギリス音楽の影響が大きかったことがわか…

イギリスもちゃんと役に立っていた!音楽史に三和音が登場した事情がおもしろい

百年戦争がヨーロッパ大陸に三和音をもたらした話 みなさんの大好きな音楽は大体、機能和声音楽(コード進行)を伴うものでしょうけれど、その根幹となる”三和音(例えばハ長調におけるドミソ等)”もしくは三度や六度の和音がヨーロッパ大陸にもたらされたのは意…

コーヒーまみれの生活(コーヒーカンタータの歌詞の翻訳とネット上の誤訳)

僕はおばさまに頼まれてコーヒーカンタータの翻訳に取組むことになったのでした。 ところで、僕の周りにはキャラクターの強い人々が多い。(学者やら音楽家やら美術家やら) そういう人たちにブログ上でもはっきり識別できるような、よい名前をつけたいところ…

上達のための心構え。どうすれば楽器は巧くなるか?

楽しく弾ければそれでいい!・・・ほんとにそれでいいのでしょうか。

クラシック音楽入門のために何が必要か真剣に考えてみる。

きつねです。今日も良きお日柄で。 ・・・”こんにちは”とか”こんばんは”の後を全く省略するようになったのっていつなんでしょうね。 明治あたりでしょうか。 ”おはよう”はまだ”おはようございます” の形が残っていますから、まあそんなに熟していない・・・…

【動画】凄過ぎて笑えるバイオリン超絶技巧5選

超絶技巧が発揮される曲を5つ選びました。超一流演奏家の妙技をご堪能ください。 バイオリンの技巧を簡単に説明してあります。

バッハがちゃんと聴けない・・・ クラシックについた変な歌詞で迷惑している話

神聖なるバッハの曲で、鼻から牛乳がでたり、禿げ散らかしたりして困った話。

和声のレッスンではなにをするか~音楽を理解するために

fuchssama.hatenablog.com というのでどうにも音楽の中身が気になりだした私はラモーのガボットを解剖せんと試みたわけですが、ちょっと眺めてみてもさっぱりわからなかった。 当時の私の音楽の知識は一応眺めた楽典と、その他雑多に読んだ作曲家の伝記やら…

音楽を理解するためには何が必要か~和声のこと~

// 私が音楽をするようになったいきさつは始めのほうで書いたのでありますが、楽器を始めたその後、少し本格的に音楽を勉強するようになったわけです。 今回はその経緯について、まあ色々と思い出しつつ書きます。

いきなり黄金伝説・一か月一万円生活で流れていた名曲

このままいくと日常で何気なく使われている名も知られぬ名曲に日の目を当てるのが趣味になりそうですが、今日もまた題名の通りそんな感じでいきたいと思います。

なぜか給食中にかかるあの曲の正体

今週のお題「給食」 学校で給食を食べていると、暫くして放送が始まりますが(どこの学校もそうであると云う体で話を進めます)、放送の係の人の声が聞こえるまでに曲が流れます。(どこの学校もそうであると云う体で話を進めます) られーふぁみれどれみーどら …