きつねの音楽話

老人性古本症候群を患った若者の徘徊ブログ

音楽

そろそろ春なので春らしい曲を ベートーベンのスプリングソナタを聴く

”四季”に関する曲といえば、ビバルディの「四季」がまず浮かぶところですが、今回は今までずっと無視してきてそろそろまずいかなと思われ始めたので、いよいよベートーベンをとりあげます。 つまり「スプリング・ソナタ」を聴いてみます。

和声のレッスンではなにをするか~音楽を理解するために

fuchssama.hatenablog.com というのでどうにも音楽の中身が気になりだした私はラモーのガボットを解剖せんと試みたわけですが、ちょっと眺めてみてもさっぱりわからなかった。 当時の私の音楽の知識は一応眺めた楽典と、その他雑多に読んだ作曲家の伝記やら…

音楽を理解するためには何が必要か~和声のこと~

// 私が音楽をするようになったいきさつは始めのほうで書いたのでありますが、楽器を始めたその後、少し本格的に音楽を勉強するようになったわけです。 今回はその経緯について、まあ色々と思い出しつつ書きます。

モーツァルトの弦楽四重奏第21番第一楽章を分析してみる

最近演奏はほとんどしていなかったのですが、急に題名の曲をやることになりまして、しかしこの曲はたまに聴く程度でちゃんと注目したことはなかったので、どんな曲かちょっとみてみようと思います。

いきなり黄金伝説・一か月一万円生活で流れていた名曲

このままいくと日常で何気なく使われている名も知られぬ名曲に日の目を当てるのが趣味になりそうですが、今日もまた題名の通りそんな感じでいきたいと思います。

なぜか給食中にかかるあの曲の正体

今週のお題「給食」 学校で給食を食べていると、暫くして放送が始まりますが(どこの学校もそうであると云う体で話を進めます)、放送の係の人の声が聞こえるまでに曲が流れます。(どこの学校もそうであると云う体で話を進めます) られーふぁみれどれみーどら …