きつねの音楽話

老人性古本症候群を患った若者の徘徊ブログ

郷愁を誘う歌。シューベルトの冬の旅から「菩提樹」をドイツ語で味わう

最近毎日一回歌詞をみながら菩提樹を聴いていました。

何か習慣のごとく座布団に座ってトラック5を再生する・・・

 

みなさん菩提樹は聴いたことがありますか。

僕がここのところ菩提樹を聴くようになったのには、まあ少しだけ面白い経緯があるのですが、それはとりあえずおいておいて曲と歌詞を玩味しようというのが今回のテーマです。

 

一体こういう歌というのは詩に曲をつけたものですから、詩がわからないと価値の半分が失われてしまいます。

 

毎日きいていて、曲はもちろんのこと詩も非常によいので、今回紹介しようというわけです。 

菩提樹をドイツ語で聴く

f:id:fuchssama:20161011164130j:plain

 

シューベルトは二つの歌曲集を残していますが、「菩提樹」はその二つ目≪冬の旅≫の中の一曲です。

冬の旅は1827年に作曲されましたが、詩を書いたミュラーはこの年33歳で夭折、シューベルトも翌年31歳で亡くなります。

冬の旅は全24曲でなりたっていて、菩提樹はその5曲目に当たります。

シューベルト作曲「菩提樹」

聴いてみる

とりあえず聴いてみます。

 

ホ長調、4分の3拍子 Mäßig(ほどよい速さで)


Dietrich Fischer Dieskau Der Lindenbaum Die Winterreise

歌はフィッシャー=ディースカウ

この動画は英語字幕がついていて面白いですね。

 

ピアノの伴奏が、風にざわめく菩提樹のような印象を与えますが、これはおそらくそういう効果を狙っているでしょうね。

歌詞

1

Am Brunnen vor dem Tore
アム ブルンネン フォル デム トーレ

da steht ein Lindenbaum,
ダー シュテート アイン リンデンバオム

ich träumt' in seinem Schatten
イッヒ トロイムト イン ザイネム シャッテン

so manchen süssen Traum,
ゾー マンヒェン ズューセン トラオム

ich schnitt in seine Rinde
イッヒ シュニット イン ザイネ リンデ

so manches liebe Wort,
ゾー マンヒェス リーベ ヴォルト

es zog in Freud' und Leide
エス ツォーク イン フロイト ウント ライデ

zu ihm mich immer fort.
ツー イーム ミッヒ イムメル フォルト

 

Ich mußt auch heute wandern
イッヒ ムスト アオホ ホイテ ヴァンデルン

vorbei in tiefer Nacht,
フォルバイ イン ティーフェル ナハト

da hab ich noch im Dunkel
ダー ハープ イッヒ ノッホ イム ドゥンケル

die Augen zugemacht ;
ディー アオゲン ツーゲマハト

und seine Zweige rauschten,
ウント ザイネ ツヴァイゲ ラオシュテン

als riefen sie mir zu :
アルス リーフェン ズィー ミル ツー

komm her zu mir, Geselle,
コム ヘル ツー ミル ゲゼッレ

hier findst du deine Ruh.
ヒール フィントスト ドゥー ダイネ ルー

 

3

Die kalten Winde bliesen
ディー カルテン ヴィンデ ブリーゼン

mir grad ins Angesicht,
ミル グラート インス アンゲズィヒト

der Hut flog mir vom Kopfe,
デル フート フローク ミル フォム コプフェ

ich wendete mich nicht.
イッヒ ヴェンデーテ ミッヒ ニヒト

Nun bin ich manche Stunde
ヌーン ビン イッヒ マンヒェ シュトゥンデ

entfernt von jenem Ort,
エントフェルント フォン イェーネム オルト

und immer hör ich's rauschen :
ウント イムメル ヘール イッヒス ラオシェン

Du fändest Ruhe dort.
ドゥー フェンデスト ルーエ ドルト

 

※カタカナによる発音は目安です。

日本語訳と解説

1

Am Brunnen vor dem Tore

AmはAn demを短くしたもので、Am Brunnenで泉のほとり

vorは~の前 Torは門(格変化でeがついている)

 

門の前、泉のほとりに

da steht ein Lindenbaum,

steht ein Lindenbaum 菩提樹が立っている

daは場所を表して そこに

 

(一本の)菩提樹がたっている

ich träumt' in seinem Schatten

ich träumt' 私は夢をみた ich träume私は夢を見る、の過去形 'はe省略

in seinem Schatten かれの陰の中で かれとは菩提樹のこと

 

そのかげで私は夢をみた

so manchen süssen Traum,

manchen süssen Traum 多くの甘い夢

soは・・・強調でしょうか

 

多くの甘い夢を

ich schnitt in seine Rinde

schnitt schneidenの過去形で切った

Rindeは樹皮

 

私はその樹皮(幹)に刻んだ

so manches liebe Wort,

数々の愛の言葉を

es zog in Freud' und Leide

es zog zogはziehenの過去形 それはひいた

in Freud' und Leide 喜びのときも悲しみの時も

 

嬉しい時も悲しい時も(それはひいた)

zu ihm mich immer fort.

 

zu ihm かれのところへ かれは菩提樹

mich わたしを

immer fort いつも、絶えず

 

わたしをいつもそこへ

 

上行と合わせて

それが、嬉しい時も悲しい時も、絶えず菩提樹のもとへ私をひきつけた。

となります。

「それ」というのは単純に考えれば刻んだ言葉にみえますが、さてどういうことでしょうか。

 

Ich mußt auch heute wandern

mußtは英語のmust(ただし意味は過去) ~せねばならなかった。

auch heute 今日もまた

wandernは歩く

 

私は今日もまたあるかねばならなかった

vorbei in tiefer Nacht,

vorbei (近くを)通りすぎて

in tiefer Nacht 深い夜に、夜も更けたころ

 

深い夜に、そばを通って

da hab ich noch im Dunkel

noch im Dunkel 未だ、猶暗い中 改めていって暗闇を強調している感じ

闇の中でわたしは(~した)

die Augen zugemacht ;

(両の)目を閉じた。

zugemachtはhab(e)と対応して、完了等を表す形

und seine Zweige rauschten,

und 英and そうすると

seine Zweige かれの枝が

rauschten rauschenの過去形 ざわざわいう

 

そうすると菩提樹の枝がざわざわと鳴る

als riefen sie mir zu :

als 英as ~のように

riefen rufenの過去形 riefen ~zuで呼びかける

sie 女性名詞をさす代名詞 枝のこと

mir 私に

 

私に呼びかけるように

komm her zu mir, Geselle,

komm her ここへ来い 命令形

Geselle 仲間のこと

 

ここへ来なさい、同朋よ

hier findst du deine Ruh.

hier 英here

findst du (親しい人に向けて)君は見つける

deine Ruh 君の安らぎを

 

ここで、君は安らぎを見出す

 

3

Die kalten Winde bliesen

冷たい風が吹いて

mir grad ins Angesicht,

grad 直に

ins Angesicht 顔(詩的な言い方)に

 

顔にむけて

der Hut flog mir vom Kopfe,

der Hut flog 帽子がとんだ flogはfliegenの過去形

mir vom Kopfe 私の頭から 直訳でいえば私から頭からになるが、ドイツ語ではこういう

 

帽子が私の頭からとんだ

ich wendete mich nicht.

私は振り返らなかった

wendeteはwendenの過去形で何かの向きを変えること ここでは自分(mich)の向きを

Nun bin ich manche Stunde

nun さて、今や 何か場面なのか気持ちなのか、とにかく一新した感じがある

manche Stunde 長い間

 

今や、わたしは長い間(~いる)

entfernt von jenem Ort,

entfernt (何かから)遠ざかって

von jenem Ort あの場所から

 

あの場所から遠ざかって

und immer hör ich's rauschen :

immer いつも

hör ich's rauschen 'sはesそれ 私はそれがざわめくのをきく

 

そして(それでも)いつもわたしは菩提樹がざわめくのをきく、

Du fändest Ruhe dort.

dort 何か場所をさして そこ

 

君はそこに安らぎを見出す(、と)

感想やらなにやら

この詩はどうでしょう、人によって捉え方がちょっと変わるかもしれません。

曲調は中間部分の暗さ、厳しさはあっても全体的には明るいものです。

 

しかし、結局「わたし」は菩提樹のもとにはいませんし、過ぎゆく何かを振り返ってみることもしない。

ここのところにこの曲の聴きどころがあるのではないでしょうか。

 

菩提樹はややあかるいものの、冬の旅は全体的に暗く、当時あまり評価されなかったようです。

それでも現代においてはシューベルトの曲のうち最も評価され、人気のあるものですから、やはり何かひきつけるものをもっているのでしょう。

 

 


シューベルト:歌曲集「冬の旅](Amazon)

フィッシャー=ディースカウは何度もこの曲を録音しているようですね。

僕もフィッシャー=ディースカウ盤をもっていますが、すばらしいものです。

 

録音を手に入れるとき迷ったら彼のものをおすすめします。

終りに

今回は冬の旅から「菩提樹」を紹介しました。

これまでほとんど菩提樹だけを聴いていたので、今度は他の曲をもう少し聴いてみようと思います。

何かこうじっくり聴いてみるというのもたまにはいいかもしれません。

楽譜や歌詞をみながらあれこれ考えていると、曲に対する理解が深まりますしなにより愛着がわきます。

たとえ一曲でも、好きな曲があるというのは嬉しいことですよね。

 

シューベルトは今まで三回とりあげましたから、よければ他の曲も聴いてみてください。

前回の記事↓

fuchssama.hatenablog.com

 

 

では今回はこのへんで、さようなら